生理前の豆乳で痩せる方法

生理前は頭痛がひどくなったり、気分が落ち込んだり、イライラしてしまったりと精神的に落ち込むこともありますが、ドカ食いしてしまったり、むくみがひどくなりどうしてもヤセにくくなったり、体重が増えてしまったりと外見的な悩みも尽きないものです。

 

せっかくダイエットを頑張っていても、生理前のドカ食いで体重が元に戻ってしまったり、ダイエット前よりも体重が増えてしまうことも少なくありません。そんな生理前の悩みを解消する方法があります。

 

 

生理予定日の1週間から10日前に、朝食前コップ一杯の豆乳を飲むだけでダイエットすることができます。コップ一杯はだいたい200mlぐらいです。

 

これだけで、生理が終わった後に痩せることができます。余計なものが加えられていない無調整のものが一番のおススメです。
注意してほしいのは1日に200ml以上摂取しないことです。イソフラボンを大量に摂取しすぎるのは体によくありませんし、多く飲んだからと言って効果が上がることはありません。

 

それと、生理が来たら飲むのをやめることです。飲み続けると生理の症状が重くなる恐れもありますし、体が慣れてきて体重の減りが少なくなることもあります。また、すぐに結果を出そうとしないことです。

 

様々な老廃物を排出するのが目的なので、急激な体重の減りを期待しすぎないことも大切です。

コメントは受け付けていません。